jQueryパフォーマンス:DOM操作について

2010年03月26日(金) jQuery

DOM操作を避けてjQueryのパフォーマンスを改善する掟です。
こんなコードがあるとしましょう。

パフォーマンスの悪い例

var list = *....*;    // 長さ100の配列とする

for (var i in list) {

    var li = document.createElement("li");

    $(li)
       .attr("id", "li" + i)
       .text(list*i*);

$("ul").append(li);

}

改善したコード

var list = *....*;    // 長さ100の配列とする

var li = "";
for (var i in list) {

    li += "<li id='li" + i "'>" + list*i* + "</li>";

}

$("ul").html(li);

まとめ

  • document.createElementの代わりにHTMLの文字列を作る
  • jQueryオブジェクトに属性やテキストを設定するのではなく、直接HTML文字列に書く
  • for文内毎回appendの代わりにhtml()を使う

実際のプロジェクトでやってみたら10倍以上は速くなりました。
とは言ってもこれはIE6でのパフォーマンスで、
FirefoxやIE8だと悪い例のコードても遅いとは実感できないくらいでした。

ちなみに
$(li).attr(...).val(...).text(...)の方は読みやすいので結構気に入ったんですけど。。。


Qihuan Piao

朴 起煥

東京で働いている「外人歴」9年のソフトウェア「ライター」。いつの間にか納豆が食えるようになり、これで日本に慣れきったと思いきやまだまだ驚きが続いてる。読んだり書いたりするのが好きで、自身の経験や本から得た「何か」をここに書き出してる。最近古本屋にハマってる。